特選養麗健茶:トップ > 養麗健茶vs便秘薬

便秘薬との違い

特選養麗健茶と一般的な便秘薬との違いは、

ズバリ、下剤成分の違いです。

どちらも下剤成分によって溜まっている便を

一時的に排泄することで症状を改善するものです。

この部分には変わりはありません。

 

いわゆる下剤には様々な種類の下剤があるのですが、

成分にビサコジル、ピコスルファートナトリウム、センシノド、

マグネシウムの表記が有った場合には

ほぼ下剤と判断していいと思われます。

 

一方、生薬の場合には植物名が記載されていることが多く、

成分が良く判らない事がありますが、

センナ、ダイオウ(大黄)、アロエが使用されている場合は、

それに下剤成分が含まれています。

センナにはセンナシド、ダイオウ(大黄)にはセンノサイド、

アロエにはバルバロインの下剤成分が含まれます。

 

下剤には習慣性があり、常用すると効果が薄くなったり、

停滞腸を呈したりするので、

使用はあくまで緊急対策としてつかうのが、

本来の使い方です。

IT用語