お茶・ハーブティ情報館:トップ > 妊娠中のハーブティ
妊娠中は食べ物・飲み物にナーバスになりますがハーブティはどうなのでしょう?

妊娠中に避けたほうがよいハーブティは?

他にも、ネトルにはカルシウム、鉄などミネラル類が豊富で、ローズピップにはビタミンCを初め、ビタミン類が豊富に含まれています。
母体と胎児の健康のためにも、ぜひ取り入れたいハーブです。
もっとも、妊娠中は避けた方が良いハーブティもあります。腹部を「ゆるく」して、出産を促し、胎児へも悪影響を及ぼしかねません。
ハーブでいえば、アロエ、ジャスミン、セージ、ローズマリーなどが代表的なもので、一応避けた方が賢明です。

そうはいっても、妊娠中にハーブティを飲んで命に関わる程の事故は報告されておらず、そんなに神経質になることもないようです。
信頼のおける専門店で店員のアドバイスに従って購入する限りは、安心してハーブティを楽しめることでしょう。
ただし、パッケージなどの説明を無視し、あまりにも濃い濃度でお茶を立て、しかも大量に飲んだ場合は保証の限りではありません。
何事も、妊娠中は特に「程々」が大切です。

妊娠中におすすめのハーブティは?

妊娠中ともなると、食べ物など体に直接取り入れるものには、どうしても神経質になりがちです。
ハーブティ愛好家にとっては大丈夫なのか気になるところですが、カフェインが入っていないこともあり、妊娠中であろうと飲んでも特に害はありません。
逆に、妊娠中でもオススメのハーブティというのも、何種類も挙げられます。
上手に利用すれば、安産も約束されたようなもの(?)です。

例えば、タンポポ茶は、むくみの解消に効果的であり、出産後も母乳の出が良くなると好評です。
ラズベリーリーフは、子宮に良好に働き、安産のハーブとも言われています。
やはり母乳の出を良くするハーブとして人気があります。

IT用語