荒畑園のお茶:トップ > ギャバロン茶

ギャバロン茶

ギャバロン茶とは、もともと「二番茶・三番茶」を

従来は番茶として利用する以外、これと言って利用法のなかったものを

風味改善することにより活用できるようにしたものなんだそう。

生茶葉を窒素ガスの中にいれてしばらく保存し、緑茶を製造したところ、

多少蒸れ臭のような香りを持つ緑茶が出来上がり、

それを分析した結果、アミノ酸の一種が大量(通常緑茶の20倍~30倍)に

増加していたという、ほぼ偶然の産物。

 

しかし、さらに調査を進めると、、血圧上昇を

明らかにこのお茶が抑制する事が分かりました。

摘んだ茶葉をしばらく窒素ガスに保存しただけで、

あとは全く通常の緑茶と変わらない作り方をしたこのお茶。

高血圧を下げる作用のあるお茶として認められています。

その主成分である「GABA(ギャバ)」と「ウーロン茶(ロン)」を結合させ、

「ギャバロン茶」として誕生しました。

ネーミングは・・・ 微妙です。

 

この「ギャバロン茶」はしっかりとした緑茶であり、

さらに健康効果の確認された新茶でもあります。

番茶の活用という事から、偶然的に見出された「ギャバロン茶」。

意図的に手を加えたものではなく、

お茶の持つ自然の生理作用を最大限に活用して作られたお茶、

それが「ギャバロン茶」なのです。

 

お茶の荒畑園の「ギャバロン茶」は、アミノ酸の含有が多い、

静岡県産の一番茶のみを使用していています。

そこに国産しょうがを加えて風味豊かに仕上げられています。

健康を気にしている方にオススメのお茶なのです。

IT用語