荒畑園のお茶:トップ > 荒畑園の荒茶

荒茶とは

お茶農家の普段飲み茶と呼ばれている荒茶は

お茶の荒畑園の人気商品です。

荒茶とは、ズバリ茶畑でとれた茶葉をそのまま加工したお茶のこと。

普通、荒茶は、お茶問屋さんのもとへ運ばれたあと、

そこで茎や芽にふるいをかけたり、仕上げ加工を行います。

そうやってできたお茶が、店頭に並び、皆さんが飲むというわけです。

 

ですから、一般的にはあまり流通していませんが、

実は、茶葉本来の豊かな味わいを堪能できるので、

ファンの多いお茶でもあります。

摘みたての新芽を、蒸気で蒸して、乾燥して仕上ただけですので、

正直言って見栄えは良くありません。

しかし、素晴らしいお茶の香りを気にいる事は、

間違いないでしょう。

 

IT用語