レモンバームのハーブティの働きは?

レモンバームは、シゾ科の多年草で、ミントの一種です。
一般にはハーブティとして知られています。
原産地の地中海地方では2千年胃所も昔から栽培されてきました。
蜂蜜を加えて飲むことも多く、長寿をもたらすハーブティとして珍重されてきたものです。

レモンバームは、見た目はシソですが、その名が示す通り、レモンの香りがします。
独特の芳香に誘われ、ミツバチがよく集まることから、「メリッサ」というラテン語の学名がつけられました。

レモンバームの効用には、さまざまなものが挙げられますが、解熱・解毒作用は代表的なものです。
鎮静作用・鎮痛作用と相まって、風邪のひき始めなどに、ハーブティとして飲むと、症状の緩和に貢献してくれることでしょう。

……この記事の全文をみる
レモンバームのハーブティ
レモンバームの摂り方としてハーブティは一般的。独特のレモン風味の香りが印象的なハーブティです。

前の記事 | 次の記事

関連記事
IT用語