トップ > 2010年8月

お茶・ハーブティ情報館

新着情報【2010年8月】

他にも、利尿作用、血圧降下作用、ダイエットなどの効果を狙って、数多くの種類のハーブが出回っています。 ハーブティは、副作用の心配もなく、手軽な健康法として、すっかりお馴染になりました。 ハーブティには、ハーブを乾燥させたドライハーブと、獲り立てを使うフレッシュハーブに大きく分けられます。 具体的な効...

ハーブティの効果[2010年8月24日UP!]

ハーブティは、味よし香りよしと手軽に楽しめ、そのリラックス効果は誰もが認めるところです。 ハーブの持つヒーリング効果を利用し、さまざまな症状を緩和させようとするアロマセラピーは、ヨーロッパではれっきとした医療手段として確立されています。 翻って東洋でも、ハーブの持つ特性は、中国の漢方、そしてインドの...

ハーブティの効果[2010年8月24日UP!]

ドライハーブ・シングルを使ったハーブティの作り方は、2人分ならティースプーン2杯分のハーブをポットに入れ、上から半リットル弱の熱湯を注ぎます。 抽出させる時間は、葉や花の場合は1分、実や種の場合は2分以上が目安です。 実や種を使う場合は、予めスプーンの先でつぶしておくと、エキスが抽出されやすくなりま...

ハーブティの作り方[2010年8月24日UP!]

手軽に楽しんで続けられる健康法として、ハーブティは広く利用されるようになりました。 作り方も簡単であり、薬などと違い副作用の心配がない点も、愛好者を増やす要因ともなっています。 ハーブと一言で言いますが、その種類は実に豊富です。 それぞれのハーブの特性を生かした作り方を守れば、ハーブティのおいしさも...

ハーブティの作り方[2010年8月24日UP!]

他にも、ネトルにはカルシウム、鉄などミネラル類が豊富で、ローズピップにはビタミンCを初め、ビタミン類が豊富に含まれています。 母体と胎児の健康のためにも、ぜひ取り入れたいハーブです。 もっとも、妊娠中は避けた方が良いハーブティもあります。腹部を「ゆるく」して、出産を促し、胎児へも悪影響を及ぼしかねま...

妊娠中のハーブティ[2010年8月24日UP!]

妊娠中ともなると、食べ物など体に直接取り入れるものには、どうしても神経質になりがちです。 ハーブティ愛好家にとっては大丈夫なのか気になるところですが、カフェインが入っていないこともあり、妊娠中であろうと飲んでも特に害はありません。 逆に、妊娠中でもオススメのハーブティというのも、何種類も挙げられます...

妊娠中のハーブティ[2010年8月24日UP!]

レモンバームの働きとして、他にも、消化促進、健胃、腹痛・歯痛などの緩和の効能もあります。 「頭の働きを高め、悲しみを追い出す」とアラブ人の格言は、ヨーロッパへも伝えられたということです。 日向でも半日陰でも育ち、生育温度域も比較的広く、レモンバームは比較的育てやすいハーブです。 育てるには、水はけが...

レモンバームのハーブティ[2010年8月24日UP!]

レモンバームは、シゾ科の多年草で、ミントの一種です。 一般にはハーブティとして知られています。 原産地の地中海地方では2千年胃所も昔から栽培されてきました。 蜂蜜を加えて飲むことも多く、長寿をもたらすハーブティとして珍重されてきたものです。 レモンバームは、見た目はシソですが、その名が示す通り、レモ...

レモンバームのハーブティ[2010年8月24日UP!]

しかし、何事も過ぎたるは及ばざるがごとしで、度が過ぎれば弊害も起きてきます。 ストレス解消のつもりが、却って逆効果という事態にもなりかねません。 そこで、カフェインが心配なコーヒーやお茶の愛好者の中には、ハーブティに乗り換える動きも出てきています。 慣れてくれば健康的と、それなりに楽しんでいるようで...

ハーブティ カフェイン[2010年8月24日UP!]

カフェインは、コーヒーから発見されたという位ですから、コーヒーに多く入っているのは自明のことでしょう。 そして、コーヒーの他には、紅茶や緑茶にも含まれています。 要するに、嗜好品としての飲み物には、大抵、含まれていると考えて良いようです。 それでは、同じお茶の仲間であるハーブティはどうなのでしょうか...

ハーブティ カフェイン[2010年8月24日UP!]

利尿作用に優れているハーブとしては、ダンデライオン(タンポポ)、レモングラス、ローズマリー、ネトル、リコライズ......と、枚挙にいとまがありません。 有害物質を尿として排出し、デトックスにも直結するのです。 ハーブティはシングルでも良いのですが、数種類のハーブをブレンドして、デトックス効果を高め...

デトックスとハーブティ[2010年8月24日UP!]

ハーブティの効能にはいろいろありますが、デトックスを期待して飲む愛好者は多くいるようです。 主として利尿作用があるものが利用され、有害物質を尿として排出し、体の中からデトックスで浄化しようというのが、基本的な流れとなっています。 普通に生活しているだけでも、体内にはさまざまな有害物質が蓄積されていま...

デトックスとハーブティ[2010年8月24日UP!]

番組では、お茶オイルの材料と作り方も紹介されました。 1週間分の分量で、粉末タイプの緑茶80g、オリーブオイル大匙3杯、アーモンド50g、干しエビ10g、塩が少々が必要な材料です。 材料がそろったら、オリーブオイルに粉末茶を入れ、そこへ砕いたアーモンドと干しエビを入れ、塩で味を整えたら完成です。 お...

お茶オイル[2010年8月24日UP!]

お茶は、日常茶飯事という文句がある通り、古くから日常生活に溶け込んでいます。 現在でも、動脈硬化などの予防に効果があるらしいなど、健康作りにも大いに役立てられる昨今です。 お茶の利用方法は多岐にわたっていますが、最近、「お茶オイル」という新顔が登場し、注目を集めています。 このところ話題になっている...

お茶オイル[2010年8月24日UP!]

他にも、がん予防、心臓病の予防にも注目が集まりつつあります。 また、ビタミンC,β-カロテンも豊富に含まれ、動脈硬化の予防にも期待が寄せられます。 ちょっと概観してみると、お茶は健康維持の万能薬のように崇め奉ってしまいたくもなりますが、緑茶を飲むだけで健康を保とうというのは虫の良い話です。 赴くまま...

血糖値とお茶[2010年8月24日UP!]

お茶は昔から生活に溶け込んでいるだけではなく、健康維持にも役に立つと、子どもからお年寄りまで親しまれています。 現在では研究も進み、さまざまな効用が明らかになってきましたが、中でも、血糖値を下げる効果は、とりわけ注目を集めています。 お茶がどうして血糖値の上昇を抑えるのかというと、その秘密は、あの独...

血糖値とお茶[2010年8月24日UP!]

お茶が、むくみ解消に役立つというのは、その利尿作用にあります。余分な水分が尿として排出されていけば、問題が解消されるというのも自明のことです。利尿作用に優れているお茶としては、杜仲茶、ドクダミ茶、ハトムギ茶などが親しまれてきました。最近では、タンポポ茶も脚光を浴びるようになっています。見かけはコーヒ...

[2010年8月24日UP!]

浮腫(ふしゅ)、一般的には「むくみ」と呼ばれる症状は、簡単に言えば血液中の体液が血管から漏れ出し、皮下組織に水分が過剰にたまっている状態です。雑巾を絞るように不要なものを絞り出せれば事は簡単なのですが、そうもいきません。むくみを解消するには、病院へ通ったりエクササイズをしたりと、いろいろな手段が挙げ...

むくみとお茶[2010年8月24日UP!]

そもそも、どうやって利尿作用に結び付くのかというと、お茶に含まれるカフェインの作用で腎血管が拡張し、排尿が促進されるからです。尿の出を良くすることは、健康作りに役に立つだけではありません。最近では、利尿作用のあるお茶を飲んでダイエットという方法が、注目を集めるようになっています。そもそも、人体の7割...

利尿作用とお茶[2010年8月24日UP!]

お茶やコーヒーが持つ利尿作用は、昔から知られていたことです。体の中の悪いものが尿として排泄されれば、それだけ健康へ近付くというものです。尿の出が悪くなると、さまざまな体の不調を訴えるようになります。中でも、むくみは誰にでも自覚しやすい症状です。お茶は健康的なイメージが定着していて広く利用されています...

利尿作用とお茶[2010年8月24日UP!]

このブログ記事は、Movable Type 4のインストール完了時に、システムによって自動的に作成されたブログ記事です。 新しくなったMT4の管理画面で、早速ブログを更新してみましょう。...

[2010年8月 9日UP!]

 2011年2月

IT用語